1月 2016

好きな地域でノマドワーキング

日本地図テキスト
 
数年前から定まったオフィスに通勤するのではなく、自宅やネットカフェなどで自分の好きな場所でインターネットを利用して仕事を進めるというノマドワーキングを選ぶ人が増えてきました。

地域を移動しながら好きな地域でノマドワーキングを続けるにはウィークリーマンションが便利です。

 

■  ネット環境があれば、自営業者以外でも好きな地域で仕事ができるノマドワーク、クラウドワーク

毎日、朝と夜に満員電車に乗り、決められた時間に定められた場所で仕事をするという働き方に疑問を感じている、趣味のサーフィやスキーを仕事の合間に存分に楽しめる場所で働きたい、仕事をしながら日本中を見て歩きたい、創作に関わる仕事なので環境を変えた方が新しい発想が沸くというような思いから、ノマドワーキングに切り替えた人にとって、好きな地域に手軽に移動できることはとても大切な要素です。

その他に、ノマドワーキングに必要な条件は、インターネットに安全に繋げること、電源があること、仕事内容によっては仕事相手を打ち合わせの為に招くことのできるレンタルオフィスなどの場所があることですが、ウィークリーマンションはこのすべての要素と条件が揃っています。

賃貸マンションやレンタルオフィスを利用する場合、敷金や礼金などの初期投資費用に加えて、引越しの費用と手間がかかりますが、ウィークリーマンションであれば、それらの費用がかかりません。

さらにレンタルオフィスの場合には、自宅となる場所を別に確保しなくてはなりませんが、ウィークリーマンションであれば、兼用することができます。

次にあげられるのが安全にインターネットで通信が行えることです。

オフィスがない場合、公衆無線LANを利用することが考えられますが、セキュリティ面から考えるとリスクがあります。

もちろんカフェや公園などと違って電源も使えます。

仕事の拠点となる安全で便利な場所を好きな地域に移動するたびに、手軽に確保できることができるウィークリーマンションは、オフィスに通わず好きな場所で仕事をしたいという人にとって理想的な施設です。

観光にウィークリーマンションチェーンが便利

パリのメリーゴーランド
 
地域を移動しながらの観光旅行にはウィークリーマンションチェーンが便利です。

観光スポットに合わせて、最も便利な地域のウィークリーマンションを選ぶことができます。

 

■  ウィークリーマンションのチェーン店を利用すると、移動や住替えのたびに紹介・予約が不要で、費用もまとめて清算できます

ウィークリーマンションチェーンは全国展開している会社が多いので、滞在先を変えながら観光旅行をする際にとても便利に利用できます。

例えば、東京の観光をする場合、観光エリアに合わせてその日に宿泊したい地域のウィークーマンションを利用できるので、例えば、東京の観光をする場合、スカイツリー、すみだ水族館、コニカミノルタプラネタリウム 天空、水上バススカイダックなどを楽しみ、さらに浅草寺や、仲見世から上野周辺にも足を伸ばす日には、上野周辺のウィークリーマンションに宿泊し、次の日は上野にある国立西洋美術館や東京国立博物館を見学後、東京駅の赤レンガ駅舎の残る東京ステーションシティで、ショッピングや食事、スパなどを楽しんだ後、皇居外苑を散策、夜は銀座に移動して歌舞伎を鑑賞して銀座のウィークリーマンションに宿泊するというように、観光エリアに合わせて宿泊場所を決められるので、移動時間を短縮することができます。

あらかじめ計画を立て、それに合わせて予約しておけば、宿泊するたびに予約や清算をする必要がなく、まとめて予約をし、支払いをすることができます。

 

■  ディズニーランド~お台場観光にもウィークリーマンションが便利で費用が抑えられます

家族でディズニーランドに行く場合、全てのアトラクションを楽しみ、さらにディズニーシーでも遊ぶ計画をしている場合には、周辺に宿泊する必要がありますが、費用を抑える為には、舞浜駅や浦安駅の周辺や東西線の沿線で葛西駅、西葛西駅周辺のウィークリーマンションが手頃な価格で宿泊できます。

特に予約を取りにくいようなシーズンであっても、沿線の駅であれば、比較的予約が取りやすいのでお勧めです。

ディズニーランドで遊んだ後は、お台場に移動してパレットタウンやお台場海浜公園を観光して汐留や新橋のウィークリーマンションを利用すると、羽田空港へのアクセスが便利です。

ウィークリーマンションで田舎生活

Inokashira Park
 
週末にはウィークリーマンションで田舎生活を楽しむ人が増えています。

避暑や避寒、休養の為には、田舎での暮らしが与えてくれる癒しが大きな助けになり、明日への活力にもなります。

別荘を購入するとなると莫大な費用がかかってしまいますが、ウィークリーマンションを利用することで、手軽に田舎生活を楽しむことができます。

 

■  田舎生活で心の休息をとり、適度な運動をして健康な毎日を手に入れましょう

毎日仕事に追われ、満員電車に乗り、近隣の人々と密着した住宅事情の中で暮らしていると、田舎への憧れが膨らみます。

豊かな自然や美しい景色の中で、のんびりと過ごして、心も体も癒されたいと考える人は多いのではないでしょうか?

旅支度をして、豪華なホテルや旅館に泊まるよりも、もともと田舎に住んでいるような生活をしたいというような場合には、ウィークリーマンションを利用するという方法があります。

色々な間取りがあるので、一人で利用することも、家族や友人と一緒に利用することもでき、家具や調理器具が備えられているので、自宅にいるのと同じような感覚で滞在することができます。

 

■  生活者として田舎生活を体験することができるウィークリーマンション

最近では、田舎に移住することがブームになっていて、地方の自治体も移住者向けのサポートを様々行っている為、田舎生活=移住と考える人も多いようですが、田舎への移住の失敗ケースも多数あります。

なぜなら、ドラマや映画から受ける田舎への良いイメージだけを持って移住してしまう人が多いからなのです。

実際に移住してみると、上下水道が完備されていない、都市ガスがなくガスボンベを使っている、学校と医療機関が少ない、車がないと買い物に行けない、インターネットの高速回線がまだ来ていない、近所付き合いが煩わしいなど想像していなかったことに直面し、都会に戻ることになったというようなケースです。

その為、いきなり移住するのではなく、週末や休暇に観光客としてではなく、生活者としての田舎生活を体験してみることが大切です。

ウィークリーマンションでの滞在では、ホテルや旅館に滞在するよりも、より日常的な田舎生活を体験することができます。

ウィークリーマンションで都市生活

東京のビル群
 
日本国内には、魅力的な都市がたくさんあります。

都市の魅力は住んでみて初めて実感できるものです。

ウィークリーマンションを利用して、都市生活を体験してみませんか?

 

■  ウィークリーマンションで体験する生活者としての観光以外での都市生活の魅力…文化、医療、学校

都市の魅力は観光だけではなく、生活の利便性と文化にあり、短期間の観光に訪れただけではなかなか味わうことができません。

住んでみて初めて分かる都市生活の良い部分と悪い部分が数多くあります。

ウィークリーマンションでの都市生活は、生活者としての目線で都市をとらえることができる滞在の仕方です。

何年か先に移住したいと思っている都市があるのであれば、実際に移住計画を立てる前に、ウィークリーマンションを利用して都市生活を体験してみましょう。

ホテルに滞在するよりも、その都市での日常を感じることができます。

日本国内のランキングでは、東京が住んでみたい都市の第一位ですが、イギリスの情報誌モノクル 2014年版の「世界でもっとも住みやすい25都市ランキング」では、2位に東京、9位に京都、10位に福岡が選ばれています。

東京は文化、経済が発展している、街に荒廃がない、大都市であるにもかかわらず人々が親切であるという点が評価されているそうです。

9位の京都は、歴史と現代生活のバランス、10位の福岡は食文化の豊かさや国内小都市としての活力が評価されているようです。

日本国内では、東京、京都の他に、神奈川県横浜市、沖縄那覇市、北海道札幌市などに人気があります。

このような都市の魅力の一つは、生活者にとっての利便性で、日常生活で必要な買い物も、服やバッグなファッションの必要な買い物も、手軽に出かけて手に入ること、病院がたくさんあり、医療面の安心感があることなどがあげられます。

もう一つの魅力は洗練された文化で、都市には大きな劇場があり世界中のアーティストが公演をするので、歌舞伎やオペラ、バレエなどを観る機会に恵まれること、美術館。博物館などが多いこと、水準の高い学校が多くあり、進路に合わせて適切な学校を選べること、街並みが美しいことなどがあげられます。

一方、物価が高い、大気汚染や騒音が気になるなど、住んでみないとわからないマイナス点もあります。

その為、移住を計画している場合には、ウィークリーマンションを利用して、都市生活を体験してみることは、都市生活への様々な気づきに繋がります。

ウィークリーマンションで集中営業

Business leader looking at camera in working environment
 
通常の仕事の場から離れた場所で、集中的に営業をすることになった場合、ネット環境が整っている、人の出入りが自由、快適に宿泊できるという3つの条件を整えることが効率の良く仕事ができることに繋がります。

そのような環境で仕事をする為には、ウィークリーマンションが便利です。

 

■  出張者にとって快適に仕事ができるウィークリーマンション…出張先での営業、ミーティング、コワーク、会食が全てできます

出張先での仕事を効率よく進める為には、2つのポイントがあります。

一つ目は、仕事をしやすい環境が整っていること、二つ目は出張者が快適に出張先での仕事と休息を取れるということです。

出張先で宿泊するだけではなく、仕事の場としても宿泊先を使いたい場合には、ウィークリーマンションが便利で、この二つのポイントをカバーすることができます。

一つ目のポイントは仕事をしやすい環境が整っていることですが、ウィークリーマンションには、インターネットの環境が整っている、FAXやコピー機などのオフィス用品が揃っている、人の出入りが自由なので、ミーティングやコワーク、会食ができる為、効率よく仕事を進めることができます。

ビジネスホテルの場合、部屋に人が出入りすることができないので、宿泊先でのミーティングや会食などには不自由です。

二つ目のポイントは出張者が出張期間中を快適に過ごせるということですが、ウィークリーマンションには、家具や調理器具など日常生活に必要なものはすべて揃っているので、自炊、洗濯、掃除などを自由にすることができ、自宅にいるような気楽さでオフの時間を過ごすことができます。

仕事を効率よく進める為には、快適な睡眠と休息は不可欠ですが、多くのビジネスホテルは閉塞感がある為、仕事の疲れを取ることができません。

また、部屋の広さや間取りも様々なタイプがあるので、ミーティングやコワークの為のスペース、会食ができるスペース、広々とした寝室など滞在先での仕事ないように合わせて、最適な間取りのウィークリーマンションを選ぶことができます。

ウィークリーマンションで長期出張

空を見上げるビジネスマン
 
長期出張が決まった場合の宿泊先の選択肢としては、長期出張の期間や宿泊施設の使い方にもよりますが、①ビジネスホテルに滞在する、②ウィークリーマンションを利用する、③賃貸物件を探すという3つの方法があります。

効率の良い長期出張にする為には、期間に合わせて、仕事がしやすく出費を抑えられる方法で宿泊先を選ぶことが大切です。

 

■  出張者にとって出張先での宿泊施設の使い方…仕事から戻って休息や睡眠の為に使う

ビジネスホテルやウィークリーマンションの場合は、敷金、礼金などの必要がありませんが、日割り計算をすると、賃貸物件より高くつきますので、1年以上の長期出張の場合には、賃貸物件も視野に入れると良いでしょう。

ビジネスホテルは、部屋の清掃、ベッドメイキングなどをしてもらえるので、とにかく仕事が忙しく、自炊をする時間もとれない、部屋に戻った時は睡眠をとるだけというような場合には便利です。

長期出張なので、ホテル住まいは落ち着かない、もう少し広々としていて、自宅にいるのと同じような感覚で寛げる環境にしたいというような場合には、家具、調理器具などの調っているウィークリーマンションが向いています。

 

■  出張者にとって出張先での宿泊施設の使い方…ビジネスエリア、ワークエリア、打合せ場所、コワーク、会食など宿泊と仕事場を兼用することができるウィークリーマンション

出張先での仕事の場としても宿泊施設を利用したい場合、ウィークリーマンションは非常に使い勝手の良い宿泊施設です。

ビジネスホテルでは、インターネット環境は整っているものの、仕事関係の相手を招いて打ち合わせをしたり、会食をしたりすることはできません。

ウィークリーマンションであれば、様々な間取りの部屋が用意されていますので、宿泊プラス仕事場として活用することができます。

日常的な食事は自炊することができますし、会食の場を設け仕事の関係者を招いて、もてなすこともできます。

インターネット環境も整っているので、ワーキングスペースとしても有効に利用できます。

ウィークリーマンションで京都&奈良巡り

Three geishas walking on a street of Gion (Kyoto, Japan)

京都には17の世界遺産、奈良には和歌山県、三重県にまたがる世界遺産を含めて3つの世界遺産があります。

そのどれもがじっくりと味わいたい重みのある観光スポットなので、時間をかけてゆったりとめぐりたいものです。

 

■  京都・奈良の世界遺産巡り…モデル日数、旅費について

京都には17の世界遺産、奈良には和歌山県、三重県にまたがる世界遺産があり、1日で全てのスポットを回ることはできないので、何日かに分けて観光することをおすすめします。

≪京都の世界遺産を1日で巡るコース≫

春の桜や秋の紅葉など四季折々に移り変わる美しさを堪能できる清水寺、清水寺の境内にある地主神社をお参りした後、絢爛豪華な障壁画や欄間彫刻の美しさを堪能できる二条城、池泉回遊式庭園が広がる銀閣寺、金箔に彩られた舎利殿と美しい庭園のある金閣寺、立体曼荼羅などの貞観彫刻が保存されている東寺の順に巡るコースです。

1日で巡る場合、観光タクシーを利用すると効率よく回ることができます。

≪京都の世界遺産を3日で巡るコース≫

平等院→宇治上神社→醍醐寺→二条城→本願寺→東寺、西芳寺→天龍寺→高山寺→仁和寺→龍安寺→金閣寺、上賀茂神社→下鴨神社→延暦寺→銀閣寺→清水寺というように、移動しやすい位置にあるスポットを巡るようにコースを決めます。

あまり詰め込み過ぎると、拝観時間を過ぎてしまい、入場できなくなることもあるので注意しましょう。

≪奈良の世界遺産を3日で巡るコース≫

奈良市内にある8か所の世界遺産 東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡は、観光バスや観光タクシーで半日から1日かけて巡ることができますが、3日間かけて奈良市内を散策しながらゆっくり回るコースがおすすめです。

1日目は興福寺→春日大社→東大寺を巡ります。

興福寺にはたくさんの文化財があり、春日大社への道のりでは鹿を見ることができます。

最後に訪れる東大寺は有名な大仏様と大仏殿の他にも、二月堂、法華堂、戒壇堂などが広い敷地内に点在しているので、じっくり見学しようと思うと半日かかります。

2日目は朱雀門、平城京歴史館、平城宮跡資料館などがある平城京跡→奈良時代からある東塔、国宝 薬師三尊像などがある薬師寺→唐招提寺、3日目は世界最古の木造建築である法隆寺、法起寺を中心に、その周辺にある中宮寺、法輪寺を巡ります。

≪旅費を抑えるコツ≫

京都・奈良旅行で旅費を抑える為には、宿泊費、交通費、食費です。

ウィークリーマンションを利用すると、ホテルよりも宿泊費が抑えられること、キッチンや家電、調理器具が整っているので、自炊できることというメリットがあり、旅費を抑えることができます。

交通費は、グループ旅行の場合には観光タクシーが割安ですが、一人旅の場合は、バスや電車のフリーチケット、陽気のいい季節にはレンタルサイクルがおすすめです。

 

■  奈良と京都を結ぶ交通ルート

奈良と京都を結ぶ交通ルートにはJRを利用する方法と、近鉄線を利用する方法があります。

JR奈良駅と近鉄奈良駅は、隣接していず、歩いて15分ほどの距離があるので、京都から奈良へ移動する場合は、行き先に近い方の駅を選ぶようにしましょう。

ウィークリーマンションで長期東京観光

東京の眺め
 
東京をゆっくり楽しむためには長期観光がおすすめです。

美術館巡りや音楽鑑賞、昔ながらの観光名所、ショッピング、美味しい食事、おしゃれなカフェなど、好みに合わせてじっくり東京を味わえます。

 

■  東京で人気の観光、ハトバスツアーなどの観光ルートのエリア別モデル日数はどのくらい?

東京には何か所もの観光エリアがあり、そのエリアごとにモデルコースがあります。

ハトバスのツアーも人気で数時間のコースから1日コース、東京から近郊まで出かける宿泊コースなどもあります。

エリアとエリアをまたいで観光すると、駆け足になってしまって慌ただしく、観光というより移動だけしかしなかったというようなことになってしまうこともありますので、1日の観光はエリア内、又は、隣接したエリア程度にとどめておく方が無難です。

≪日本の情緒、下町の雰囲気を徒歩で味わう1日コース≫

浅草の浅草寺をお参りしてから、仲見世表通りと裏通りを散策、雷門前すぐそばにある台東区の観光案内施設 浅草文化観光センターによって台東区周辺の地図(無料)をもらい、8階の展望テラスから浅草の風景や東京スカイツリーを眺めたら上野へ移動します。

銀座線で浅草駅から上野までは9分ですが、徒歩で移動すると、食器や包丁、食堂のショーケースに飾ってあるような食品サンプルの店が立ち並ぶかっぱ橋商店街を見ることができます。

上野駅を過ぎたら、アメ横、上野公園を通り抜けて江戸時代の街並みが再現された上野下町風俗資料館に行き、最後に上野広小路の交差点の角にある上野広小路亭によって寄席を楽しみましょう。

≪洗練された東京の雰囲気を静かに楽しむ半日コース≫

代官山にはおしゃれな朝食が食べられるカフェやレストランがたくさんあるので、まずは朝食を頂いてから、緑が多く高級な邸宅が並ぶ幅の広い道路をゆったり散策しながら、ショッピングを楽しみましょう。

代官山アドレスやヒルサイドテラスやヒルサイドテラスなど、たくさんのショップが集結しているビルの他、ハリウッドランチマーケットやBelvederのような個性的なショップが点在しています。

その後は渋谷を通過して南青谷に向かい、根津美術館、外苑前に移動してワタリウム美術館

を見学した後はランチをしましょう。

外苑前駅の周辺には夜は高級で手が出ないようなレストランでも手軽な価格でランチを頂けるお店がたくさんあります。

 

■  旅行者が東京をゆっくり楽しむにはウィークリーマンションが便利です

エリアごとに観光すると、ゆっくり東京を楽しむことができますが、ホテルに長期滞在をしてショッピングもしたい、美味しい食事もしたいとなると、相当費用が嵩んでしまいますが、ウィークリーマンションであれば、滞在費を抑えることができるので、その分を加工で楽しむための費用に回すことができます。

ウィークリーマンションで観光生活

富士山と新幹線
 
旅行にはいろいろな楽しみ方がありますが、その中で旅行先に住んでいるような感覚で長期滞在を楽しむという方法があります。

短期滞在で観光スポットを回るのではなく、長期滞在をしてじっくり観光をしたり、旅行先での日常的な生活を体験したりする旅行には、ウィークリーマンションが便利です。

 

■  世界遺産巡りをじっくりするなら長期滞在しても宿泊費用が抑えられるウィークリーマンションがおすすめです

ウィークリーマンションは、都心だけではなく観光地の近くにもあります。

例えば京都には清水寺、金閣寺、銀閣寺、京都から志賀にかけては、比叡山の延暦寺など、17か所もの神社仏閣が世界遺産として登録されており、どこも駆け足で巡るにはあまりにもったいない荘厳で美しい場所です。

京都に拠点を置き、しばらく滞在して観光した後、滋賀県に移動して、ゆっくり観光する、さらに、奈良に拠点を移し聖徳太子が建立されたお寺のある法隆寺地域の仏教建造物や奈良市内の東大寺や薬師寺など古都奈良の文化財を堪能することもできます。

また、北海道の知床半島も北海道に長期滞在して日本最後の秘境と言われる大自然を満喫したい場所です。

切り立った断崖からオホーツク海になだれ落ちる壮大な滝の数々や、原生林の緑の美しさに触れると同時に、エゾシカやキタキツネ、アザラシなどの野生動物に出会えることもあるかもしれません。

プユニ岬、おろんこ岩、夕陽台など、数々の観光スポットが点在しているので、せっかく北海道まで行ったならば、網走や釧路のウィークリーマンションを拠点にし、北海道の生活を楽しみながらレンタカーなどを利用してくまなくゆったり知床半島をめぐりたいものです。

 

■  長期滞在をする旅行者が節約できるポイントは、宿泊費用と食事代、そして交通費

長期滞在の旅行での節約のコツは宿泊費用と食事代、そして交通費がポイントです。

そしてウィークリーマンションはこの3つのポイントを押さえることができるという利点があります。

すく泊費用はホテルより安く、台所があり、炊飯器なども揃っているので、自宅にいるのと同じように食事の支度ができるので食事代も節約できます。

また、回りたい観光地に合わせて、宿泊する地域を選べるので、宿泊先から観光地までの交通費も抑えることができます。

ウィークリーマンションで気軽に住替え

部屋でタブレットを見る女性

一人暮らしの人にとって、仕事や学業の都合による賃貸での住み替えは、無駄な出費に繋がってしまうことがあります。

無駄な出費を抑え、必要に応じて住み替えをするにはウィークリーがマンション便利です。

 

■  ウィークリーマンションの住替えは旅行者のような最小荷物ででき、引越費用もかからないことが魅力です

転勤や出張が多い部署に勤務している独身者にとって、その度に引っ越しをするとなると、時間も費用も手間もかかり、非効率的です。

引越しに際しては、引越しそのものにかかる費用、新居への敷金や礼金、仲介手数料といった不動産にかかる費用の他、今まで住んでいた物件のクリーニングや修繕の費用を請求されることもあります。

そして、引越前の荷物の準備、引越し後の家具の配置やエアコンなどの家電の設置、ネット環境の整備などの様々な手間がかかり、すぐに仕事を始めなくてはならず、時間のとれない人はこれらの作業も業者に委託することになり、さらに費用が嵩んでしまいます。

また、学生の場合には、地方から大学の近くに引越しをしても、学年が上がるとキャンパスがある地域が変わることがあり、再度引っ越しをし、卒業を期にもう一度引越しをしなくてはならないという状況になることがあります。

そのように、1~2年ごとに引っ越しをしなくてはならないということがあらかじめわかっている場合は、賃貸物件を探すより、ウィークリーマンションに住むという選択をすることの方が引越しにかかる費用も時間や手間も節約できます。

 

■  ウィークリーマンションからウィークリーマンションへの住替え先はチェーン店の中から探すことができ、クレジットで支払いができるので手軽です

ウィークリーマンションの便利な点は、家具付きであること、インターネット環境が整備されていること、家電も設置されているので、エアコンなどの設置作業が必要ない事といった大型の引っ越し荷物が発生しないこと、敷金や礼金、不動産手数料などの費用がかからないこと、長期出張がある場合、滞在先の宿泊料と自分が住んでいる賃貸物件の家賃を二重に支払わなくて済むことなどがある他、出張や転勤で住み替え先を探す際には、系列の中から簡単に住み替え先を見つけることができ、支払いもクレジットカード1枚で全て完了するので非常に効率的です。

ウィークリーマンションは、ネットで簡単に探せます。

気軽に住替えのできるウィークリーマンション選びは、全国をカバーし物件の豊富なここがオススメです。